【解説】Google Chromeが重いときの対処法

パソコンを立ち上げてGoogle Chromeを使用していると、時間の経過と共にChromeが重くなって困っていました。

いろいろ調べたところ原因が分かりましたので、詳しく説明します。

スポンサーリンク

重い原因が本当にGoogle Chromeかを確かめよう

Chromeが重くなる。その説明の前に、本当にChromeが原因かを確認しましょう。単にネット回線が遅くなっていたり、パソコンのメモリ不足かもしれません。

Google Chromeが重くなるときはパソコンのメモリが十分でも起こります。

念のため、他のブラウザでも同じ現象かどうかなどを確認すると良いでしょう。他のブラウザで同じ現象が起こっているとすれば、Chromeが原因ではないのではないでしょうか。

軽くて早いGoogle Chromeがなぜ重くなるか

Google Chromeは軽くて早いとよく言われます。

なぜなのでしょうか。

実はその答えの中に「答え」があるのです。

Google Chromeは超メモリ食いです

ブラウザがサクサク動く。

使用してる人は快適です。

でも、そのためにChromeは裏方でがんばっているのです。

Chromeを立ち上げてタブが5つほど。

この状態でタスクマネージャーを立ち上げてみました。

結果は下記ですが【卒倒注意】でお願いします。

2016-09-29_15h05_57

もういくつあるのか数えるのが面倒なくらい

「chrome.exe *32」が立ち上がっています。

がんばって数えたら13個もあります。

快適さ vs メモリ食い

すでに説明したとおり

快適さとメモリの消費は裏表の関係なのです。

快適である分、メモリを消費するわけです。

なぜ、ここまでメモリを消費するか。

ざっと挙げてみましょう。

  • ユーザーの快適さのために読み込み速度を速める
  • ブラウザ全体のフリーズ防止のため、タブやプラグインなどごとにそれぞれ分割して起動することでブラウザ全体がクラッシュすることを防ぐ
  • いくつもタブを開いた状態でタブ切替が快適にできる

これらのユーザーの利便性を追求して

メモリを消費しています。

Google Chromeが重くなる本当の原因

これまで快適さの引き替えにメモリを消費していると説明しました。

タブをたくさん開いてメモリをたくさん消費します。

さらに、拡張機能やサイトによってはメモリの解放が行われずブラウザを使用していると蓄積されて重くなってしまうこともあります。

Chromeを何時間も使用しているとだんだん重くなっていくことが多いのですが、Chromeの重くなる原因はコレだと思います。

メモリの消費量が多くても大丈夫です

通常はメモリをたくさん消費していても問題ありません。

キャッシュメモリとして短期の記憶としてメモリに記録されます。

必要になければ他のプログラムにこの部分のメモリ解放して使うよう管理されています。

もし、問題があるとすれば

メモリがいっぱいになり、スワップファイルとしてハードディスク上に仮想メモリとしてアクセスするようになると激しく重くなります。この場合は素直にメモリを増やすしかありません。メモリが増やせなければパソコンの買い替えでしょう。

Chromeが重いのを解消する方法

いくつか順を追って説明します。

拡張機能からチェックしましょう。

まず、右上をクリック。

2016-09-29_15h56_01

次に、設定をクリック。

2016-09-29_15h59_36

次に、拡張機能をクリック。

2016-09-29_16h02_29

そうすると、拡張機能の一覧が出てきます。

もし、身に覚えのない訳のわからないプラグインが入っていたら削除しましょう。

削除していいかどうかわからない場合はGoogle先生に聞いてみましょう。

拡張機能のチェックが終わったら、メモリの解放をしてみましょう。

メモリの解放をするよ

はじめに、Google Chromeが立ち上がっている場合は閉じてください。

そして、タスクマネージャーを立ち上げます。

Ctrl + Alt + Del キーを同時に押すとタスクマネージャーが立ち上がります。

「プロセス」タブをクリックすると下記のような表示となります。

2016-09-29_15h05_57

「chrome.exe *32」のプロセスをすべて終了してください。

やり方は、「chrome.exe *32」のところで

右クリックして「プロセスの終了」を選びます。

「chrome.exe *32」をすべて終了させたら終わりです。

タスクマネージャーを閉じてください。

これで晴れてChromeが快適になるはずです。

いやいや、毎回これをやるのかよ!!

と思いましたね?

でも、ご安心下さい。

便利な拡張機能があります。

メモリを解放する拡張機能を使いましょう!

メモリを自動的に解放してくれる便利な拡張機能があります。

The Great Suspenderという拡張機能です。

タブをある一定の時間使用してないと自動的にキャッシュメモリから削除されます。これによりいつまでも快適に長時間Google Chromeを使い続けられます。

でも、1度読み込んだデータがキャッシュメモリから削除されてしまうわけですから、当然再読込が必要になります。

つまり、タブをたくさん開いている状態の場合など、タブを押すと再読込する必要があり再読込に一定の時間がかかります。

このあたりは、デメリットにもなりますのでどちらがよいかは実際試してみて判断するのがよいと思います。

今日のなるほど
Google Chromeが重くなる原因は、ネット回線などの理由を除けば、何時間もブラウザを使用しているうちに、拡張機能やサイトによってキャッシュメモリの解放行われず蓄積してしまうことが原因です。メモリの解放をしてあげると復活します。面倒であればThe Great Suspenderという拡張機能を使うことをおすすめします。
スポンサーリンク
いつも応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ ←このブログの順位は?

シェアすると友達の役に立つかも

フォローすると更新がわかって便利です

このブログを書いてる人
運営者:ラジカル大家
地方都市で大家をやってます。資産家の家に生まれたわけではありませんので、1から勉強して稼ぎを増やしています。アウトプットの意味で今まで学んだいろいろなことを紹介していこうと思います。家族は妻と子ども3人の5人家族でかなりにぎやかです。
詳細プロフィールはこちら