【住宅ローン】マイナス金利の影響

もうご存知のとおり、2016年1月29日に黒田バズーカ第3弾が放たれました。そうマイナス金利の導入です。

日銀の黒田総裁によるいわゆる黒田バズーカは毎回すごいなと思います。金融緩和で市場お金を流通させると言ってはいるものの、銀行も危ないところにはお金を貸すわけにはいきません。

まともな貸出先が無いんです。

なのに、今回もまたマイナス金利導入という、黒田バズーカを放つわけで、どこに向かってブッ放しているのでしょうか。

当の本人はバズーカ砲をブッ放して、「カ・イ・カ・ン」とセーラー服と機関銃の薬師丸ひろ子のように(古い)言っていればいいのですが、まわりは大変です。

住宅ローンにも影響があります。特に、既に住宅を買って住宅ローンを払っている人は最後までこの記事を読むことをおすすめします。

マイナス金利導入により住宅ローンがどのように変わるでしょうか?

スポンサーリンク

マイナス金利導入で住宅ローン金利は?

当たり前ですが、金利は安くなります。ただ、もともと住宅ローン金利は低い状態だったので、劇的に下がるわけではありません。

銀行によって各社バラバラでしょうが、今回の影響で金利が下がるとすれば0.■%の■の数字が少し変わるくらいですね。

でも、考えようによっては、今がチャンスなんですよ。

その話をする前に、海外のマイナス金利と住宅ローン金利の異常事態を紹介します。

お金を借りるとお金がもらえる話

マイナス金利はすでに欧州で導入されている国があります。欧州の中央銀行(ECB)やスイス、スウェーデン、デンマークなど既にマイナス金利を導入しています。中でも、特徴的なのはデンマークです。

なんと、

デンマークでは住宅ローンもマイナス金利です

意味わかりますか?

お金を借りるとお金がもらえます

ビックリですよね。

ただ、デンマークではこのおかげと言っていいのかわかりませんが、住宅建設バブルが起こって、住宅の価格が1割以上、上がっているという話もあります。

なお、デンマークの住宅ローンのマイナス金利は短期の住宅ローンの場合のみの話です。長期固定の住宅ローンの場合は、日本の長期固定金利(フラット35)よりも倍くらい高いです。

日本ではどうなるか?

いまのところ、マイナス金利の導入で日本の住宅ローンがマイナス金利になる可能性は非常に低いです。ただ、否定はしません。

なぜなら、今の安部政権のまま衆参ダブル選挙で大勝ちして、何でもアリとなる可能性が非常に高いですよね。

そうなると、黒田バズーカ第4段、5段・・・・、が期待できます(笑)

その中に住宅ローンもマイナス金利導入というメニューがあるかも知れません。そうなったら、住宅バブルですよね。

もちろん、そんな世の中になったら楽しいでしょうけど、預金金利もマイナスになっているでしょうから、微妙な世の中になるでしょう。混沌としてきますね。

可能性の低いですので、現実の話に戻します。

住宅ローン金利、今後どうなるか?

結論から言います。

日本の住宅ローンの金利は今が最安となると思います。理由は、マイナス金利導入でもうこれ以上、金利が下がる余地が無いからです。

仮に、もっと金利が下がるとなると今度は銀行の収益を圧迫してしまいます。そうなる前に銀行は金利を値上げするかも知れません。

いずれにせよ、ここから住宅ローン金利が一段下がる可能性は低いと思われます。

借り換えするなら、今でしょ!

すでに、住宅ローンを抱えている人はいますぐ、借り換えをおすすめします。

おすすめは固定金利のフラット35です。なぜ、フラット35をおすすめするかは、こちらの記事を読んでいただければわかります。

フラット35といっても実は各社バラバラなのが手数料や金利です。手数料や金利がお得なこちらをおすすめします。

↓↓↓お得だからおすすめします↓↓↓

今日のなるほど
マイナス金利導入で住宅ローンは最低金利になってます。既に住宅ローンを組んでいる人はぜひ借り換えをして下さい。借り換えはフラット35がおすすめです。海外を見るとデンマークで住宅ローン金利がマイナスとなっていてお金を借りるとお金がもらえるという異常事態が起こっています。日本でも可能性は非常に低いですが、近い将来あり得るかも知れません。

スポンサーリンク
いつも応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ ←このブログの順位は?

シェアすると友達の役に立つかも

フォローすると更新がわかって便利です

このブログを書いてる人
運営者:ラジカル大家
地方都市で大家をやってます。資産家の家に生まれたわけではありませんので、1から勉強して稼ぎを増やしています。アウトプットの意味で今まで学んだいろいろなことを紹介していこうと思います。家族は妻と子ども3人の5人家族でかなりにぎやかです。
詳細プロフィールはこちら