【年会費無料】最強のクレジットカードはこれだ!

今これをお読みになっている読者様はおそらく、最もお得なクレジットカード探しているのだと思います。

年会費無料のクレジットカードはたくさんありますが、人によっては年会費が必要なカードを利用した方がお得な場合がありますので、この点はご注意ください。

お得なカードを選ぶ場合は、

年会費が有料無料にかかわらず最もポイント還元率の高いカードを選ぶことがキモ

となります。

例えばリクルートカードプラスは年会費が2000円かかりますが、還元率2.0%を誇りますので、年間の利用額に合わせて賢くあなたの1枚を選ぶことをおすすめします。

場合によっては、これを選ぶほうが良い場合があります。(※リクルートカードプラスは新規受付が終了しました。記事は残しておきます。)

このあと、年会費無料のクレジットカードを紹介いたしますが、ちょっとその前に、注意して欲しいことがあります。それは、

人それぞれ使い方によってお得なカードが変わってくる

ということです。以上を踏まえて、年会費無料のクレジットカードで注目すべきカードを厳選して紹介いたします。


リクルートカード 還元率1.2%(実質還元率最強カード)

2015-12-09_16h13_09

年会費無料のクレジットカードの中で、最初に紹介したいのがリクルートカードです。

このリクルートカードをなぜ最初に紹介するか。理由はただ一つ。

最もお得でおすすめのカードだからです

おすすめの理由を詳しく説明します。

このリクルートカードの還元率は1.2%です。ぱっと見ではこの後紹介するP-one Wizカードのポイント還元率1.5%に見劣りしてしまいます。

このカードの実力は見かけの還元率だけでは物語ることができません。

一見すると還元率が低いことから見逃されてしまいますが、このカードのすごいところは、nanaco(ナナコ)や楽天Edyにチャージができるというところです。

ここで何がすごいかというと、チャージするためにリクルートカードを利用した時点でリクルートカードの通常の1.2%の還元率ですが、さらに、nanaco(1.0%)や楽天Edy(1.0~1.5%)のポイントが加算されます。

よって、1.2% + (1.0~1.5%) = 2.2~2.7% という驚異の還元率

が実現します。

今のところ、このカードは年会費無料のカードの中では最強の1枚だと思います。

↓↓↓このカードです↓↓↓

なお、以前は漢方スタイルカードというカードがリクルートカード同様にnanaco(ナナコ)チャージが出来ましたが2015年の改悪により還元率が低くなってしまいましたので、今ではリクルートカードが最強です。

他にも年会費無料のクレジットカードで、おすすめなもあります。他のカードは還元率が少し小さくなりますが、人によってはこの P-one Wiz よりもお得です。

たとえば、

  • P-one Wizカード還元率1.5%(1%の値引き+0.5%のTポイントカードへの付加)
  • レックスカードライト(REX CARD Lite)還元率1.25%
    レックスカード(REX CARD)還元率1.5%(年間50万円以上利用で年会費が無料)
  • オリコカード還元率1.0%

などがありますので、順を追って説明します。

P-one Wiz:還元率1.5%(入会後6ヵ月は2.5%)

2015-12-09_15h03_59

年会費無料で還元率No.1のクレジットカードはこの P-one Wizです。還元率は1.5%です。ちなみに上の写真のように2色から選べます。

このクレジットカードの還元率の特徴を説明します。まず、このカードで買い物をするといきなり1%引きになります。

通常は買い物をしたあと、請求額に応じてポイントで還元されるのですが、このカードは大胆にも値引きという荒技をやってくれます。

通常であれば、クレジットカードでもらったポイントで何を選ぼうか・・・と考えますが、P-one Wizであれば、それを考える必要はありません。もっと言えばポイントの使い方を考える時間そのものを節約できることになります。

還元率1.5%のうち、1%は値引きによるものでしたが、残りの0.5%はTポイントカードにてポイントで還元されます。

見方によっては、このリクルートカードが年会費無料カードの中で最強とも言えます。

レックスカードライト(REX CARD Lite)
還元率1.25%

2015-12-14_16h06_01

次に紹介するカードはレックスカードライト(REX CARD Lite)です。レックスカードという名称にライトが付いています。ライトが付かないレックスカード(REX  CARD)もありますが、こちらは年間50万円以上の利用がないと年会費が無料になりません。

ここでは、年会費永年無料のレックスカードライト(REX CARD Lite)を紹介します。

まず、ポイントの還元率は1.25%です。

ポイントの還元方法は、レックスカードのポイントをJデポというポイントに交換すると、カードの支払額から値引きしてもらえる便利なカードです。

ポイント交換のために商品を引き替えたりせずにポイントが消化できるためとても便利です。レックスカードのポイントから、Jデポのポイントの交換は2500ポイント毎に交換できます。

さらに、このカードの特徴は、価格.comで「価格.com安心支払いサービス」でREX CARD Liteを利用した場合は還元率が1.25から1.50%にアップします。

また、REX CARD Lite入会してカード到着後、3ヵ月以内に利用額に応じて、ポイントをプレゼントしてくれます。5万円以上利用で1000円分、7万円以上利用で2000円分、10万円以上利用で3000円分のポイントがプレゼントされます。

年間50万円以上利用ならもっとお得なレックスカード(REX CARD )

年会費永年無料のレックスカードライト(REX CARD Lite)のカードとは異なりますが、年間50万円以上の利用で年会費無料になるレックスカード(REX CARD)を紹介します。

レックスカードとレックスカードライトの違いは、ポイント還元率の違いです。年間50万円以上利用する人はレックスカードの利用をおすすめします。年間50万円以上利用すれば年会費無料となります。

還元率は還元率は1.5%です。価格.comで「価格.com安心支払いサービス」でREX CARDを利用した場合は還元率が1.5から1.75%にアップします。

楽天カード 還元率1.0%(楽天市場は還元率2.0%)

楽天市場でよく買い物をする人はぜひこの1枚をおすすめします。楽天カードは、楽天市場で買い物をすると、楽天での買い物分が還元率が驚異の2.0%になります。

年会費永年無料のカードでここまでの還元率はなかなかありませんので、他のカードを作ったとしても、もう一枚サブカードとして楽天決済用のこのカードを作ることをおすすめします。

楽天では、楽天カード所持者向けのキャンペーンをやってることがありますので、買い物のしかたによっては還元率はもっと高くなります。

あ、いまキャンペーンをやってるみたいです。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今日のなるほど!

年会費永代無料のカードは、リクルートカードがおすすめです。nanaco(ナナコ)や楽天Edyと絡めれば実質的に高還元率のカードとなります。また、楽天カードは楽天で買い物をする人はサブカードとして作っておいたほうがいいですよ。

いつも応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ ←このブログの順位は?

シェアすると友達の役に立つかも

フォローすると更新がわかって便利です

このブログを書いてる人
運営者:ラジカル大家
地方都市で大家をやってます。資産家の家に生まれたわけではありませんので、1から勉強して稼ぎを増やしています。アウトプットの意味で今まで学んだいろいろなことを紹介していこうと思います。家族は妻と子ども3人の5人家族でかなりにぎやかです。
詳細プロフィールはこちら